Artist Link Japan PR広告


EDIROL / CG-8



写真をクリックすると購入ページに移動します

<EDIROL CG-8の主な特長>

映像を演奏するビジュアル・シンセサイザー。

CG-8は、本体の素材や静止画から3D動画をつくり、その映像をリアルタイムにコントロールできるビジュアル・シンセサイザーです。V-Synthなどのシンセサイザーで自由にコントロールしながら演奏するように、「音づくり/演奏」感覚をそのまま映像の世界に取り入れ、直感的な映像パフォーマンスを実現します。エディロールならではの技術とノウハウが結集されたCG-8は、音と映像の融合を可能にし、Audiovisualの先駆けとなるまったく新しいクリエイティブ・ツールです。
シンセサイザーの音づくりのプロセスを映像で実現。

一般的なミュージック・シンセサイザーは、サンプリングした波形やあらかじめ内蔵されているPCM波形を読み出し、それをフィルターで音色加工し、アンプリファイアーで音量を制御した上で出力します。このシンセサイザーの音づくりのプロセスを、そのまま映像の世界に取り入れたのがCG-8です。

CG- 8では、まず素材となる写真やテキストなどの静止画をUSBコンパクトフラッシュ・カード・リーダーで取り込みます。次に、エフェクトでこの静止画に動きを与え、XYパッドやDビームなどのコントローラーを使ってリアルタイムに操作します。最後に、 FADEつまみで明るさを調節して映像が出力されます。

このようにして作成された3D動画は、パッチとして内蔵40Gバイトのハードディスクに保存が可能です。

また、ビジュアル・パッドを使って、素材となる静止画や、さまざまなエフェクトをリアルタイムに切り換えることが可能。さらに、XYパッドやDビーム・コントローラー、コントロールつまみなどの操作をグラブ・セクションで記憶したり、サウンド・コントロール部では外部入力のオーディオに連動してエフェクトをコントロールすることができます。
2つのレイヤーで映像の合成が可能。

CG-8のパッチは、PHOTOとSTAMPの2種類のレイヤーから構成されています。PHOTOレイヤーはJPEGを素材とするベーシックなレイヤーで、このPHOTOレイヤーの上にPNGを素材とするSTAMPレイヤーが合成されます。

STAMPレイヤーで使用するPNG画像には透過画像も使用できるため、例えばテキストやロゴ・タイプなどをPHOTOレイヤーの上に重ねて映像を演出することも可能です。
200種類の多彩なエフェクトを搭載。

PHOTOレイヤーのエフェクトは、多彩なバリエーションを含む200種類を搭載。静止画を3Dイメージにしたり、多彩な動きを与えることができます。また、素材を必要としない、CGのみのエフェクトや、音に反応してCGを生成するエフェクトも用意されています。さらに、STAMPレイヤー用のスタンプ・エフェクトも60種類以上装備しています。

各エフェクトは、モーション・コントロール/パラメーター・セクションで、リアルタイムにエフェクトの調整が可能。さらに、XYパッドやDビーム・コントローラー、外部入力のサウンドに応じてリアルタイムにパラメーターを制御することもできます。
VGA/ビデオ出力が可能。V-LINKにも対応。

CG-8で合成された映像は、VGA出力、あるいはSビデオ/コンポジット出力が可能。コンピュータ用VGAディスプレイに接続して使用するだけでなく、一般のTVモニターやプロジェクターにも接続できます。

また、音楽と映像の同期を可能にするV-LINKにも対応。V-SynthやV-Drumsなどの演奏でCG-8の映像をリアルタイムにコントロールできることはもちろん、MIDIシーケンサーで制御することも可能です。




































Copyright2006 artist lin Japan All righits reserved