Artist Link Japan PR広告


moog / minimoog Voyager Rack Mount Edition V3




写真をクリックすると購入ページに移動します







































































































Minimoog VOYAGER は、1970年から1982年に(前)Moog Music で生産された伝説的なオリジナル Model D Minimoog の機能とサウンドを再現し再構成したものです。
Voyager Rack Mount Editionは、Voyagerのキーボードセクション、タッチサーフェース以外の機能を盛り込んだ19インチ5Uのラックサイズのシンセサイザー。
太くて暖かく、深みのあるサウンドは、発表から30年以上経った現在でも世界中の多くのミュージシャンに愛されています。

主な仕様

■Oscillators Module(オシレーターモジュール)

3つの、ワイドレンジ、高安定性のボルテージ・コントロールド・オシレーター、連続可変の波形選択付

  • FREQUENCY controls (2) :オシレーター#1を基準として、オシレーター#2と#3の周波数を+/-7半音レンジで可変設定する。
  • OCTAVE selectors (3) :オシレーターをオクターブステップで6オクターブの範囲で設定する。
  • WAVE controls (3) :オシレーターの波形を連続的に可変選択する。三角波>鋸歯状波>方形波>矩形波
  • 1-2 SYNC switch:オシレーター#2の波形をオシレーター#1の周波数にシンクさせる。波形が複雑に変形され劇的な音色変化が得られる。
  • 3-1 FM switch:オシレーター#3でオシレーター#1をリニア周波数変調する。
  • 3 KB CONT switch :オシレーター#3のキーボード・コントロールを切る。これにより一定音(周波数)の効果として使用する。
  • 3 FREQ switch :オシレーター#3の周波数を低周波に切り替える。重低音やLFOのソースとして使用できる。
■Filters Module(フィルターモジュール)

2つの“Moog-style”のレゾナンス付きローパスフィルター。

  • CUTOFF control :2つのフィルターのカットオフ周波数を可変設定する。
  • SPACING control :2つのフィルターの周波数間隔を設定する。+/-3オクターブの範囲で設定可能。
  • RESONANCE control :2つのフィルターのレゾナンスを調節する。通常のフィルターからフィルターによる発振まで可変可能。
  • KB CONT AMOUNT control :キーボードのレンジに対してフィルターの周波数をその程度比例させて開くかを設定する。
  • DOUBLE LOWPASS / HIGHPASS・LOWPASS switch: 2つのフィルターを2つのローパスで使用するか、ハイパスとローパスの組合せで使用するかを切り替える。
■Mixer Module(ミキサーモジュール)

フィルターに入力する前の5入力のミキサー

  • Input Level contorls (5) :3つのオシレーター、ノイズ、外部オーディオ入力の相互のレベルを調節する。
  • Input switches (5) :各オーディオ信号を素早くオンオフするためのスイッチ。
  • External Level LED :外部オーディオ信号のレベルをチェックするためのLED表示。
■Envelopes Module(エンベロープモジュール)

エンベロープモジュールは2つのADSR(アタック、ディケイ、サスティン、リリース)エンベロープを発生します。フィルターエンベロープはフィルターのカットオフ周波数をスイープし、またオシレーター波形の変調にも使用でき、ボリュームエンベロープは発音の状態を形成します。

  • ATTACK controls (2) :エンベロープのアタック時間を決定。
  • DECAY controls (2) :エンベロープのディケイ時間を決定。
  • SUSTAIN controls (2) :エンベロープのサスティンレベルを決定。
  • RELEASE controls (2) :エンベロープのリリース時間を決定。
  • AMOUNT TO FILTER control はフィルターのカットオフ周波数がエンベロープによってどれ位の範囲でスイープするか、ネガティブ(反転のエンベロープ)からポジティブ(正相のエンベロープ)まで連続的に調節。
  • ENVELOPE GATE SWITCH :エンベロープの起動を、キーボードでするか外部入力のゲートで行うかを切り替える。
■LFO Module(エル・エフ・オー・モジュール)

ローフリケンシーオシレーター(LFO)は三角波、方形波、サンプルアンドホールドとそれを滑らかにした波形を発生し、信号各部の変調に使用します。
  • RATE control :LFOの周波数(レート)を0.2ヘルツから50ヘルツのレンジで調節。
  • SYNC selector :LFOをキーボード、またはMIDIのゲートにシンクさせるか、またはシンクさせないかを選択。
  • RATE LED :LFOのレートをヴィジュアルに表示。
■Modulation Busses Module(モジュレーション・バス・モジュール)

モジュレーションホイールと外部ペダルのバス(経路)のソース(信号源)とデスティネーション(変調先)と信号のコントロール源を設定します。
  • SOURCE selectors (2) :モジュレーションの信号源として、LFOの4つの波形、オシレーター#3、外部変調入力の何れかを選択。
  • DESTINATION selectors (2) :モジュレーションの変調先として、全てのオシレーター、オシレーター#2のみ、オシレーター#3のみ、オシレーター波形、フィルターの周波数、フィルターの間隔の何れかを選択。
  • SHAPING selectors (2) :キーボードのプレッシャー(アフタータッチ)、フィルターエンベロープ、外部モジュレーションコントロール入力の何れかで、モジュレーションの信号をコントロールするか、またはしないか(オフ)を決定。
  • AMOUNT controls (2) :各バスのモジュレーションの量を調節。

■Output Module(アウトプットモジュール)
  • MASTER VOLUME control :オーディオ出力の最終レベルを調節。        
  • HEADPHONE VOLUME control :ヘッドフォーン出力のレベルを調節。
  • HEADPHONES jack : 1/4インチのステレオヘッドフォーンジャック
■Glide and Fine Tune Module(グライド、ファインチューンモジュール)
  • GLIDE :演奏された鍵盤間の電圧変化のスピードを瞬間から数秒まで調節しグライド効果を設定。
  • FINE TUNE :本機の最終のチューニングを調節。
*Rack Mount EditionにはAudio Out、Filter In、MIDI IN/OUTが装備、それ以外の入出力は外部ユニット接続端子で提供されます。
接続端子の、外部出力にはVX-351を使用、外部入力にはVX-352を使用します。

*100-240 VOLT 電源コネクター 切替なしに各国の電源に接続できます。




































Copyright2006 artist lin Japan All righits reserved