Artist Link Japan PR広告 アイリバージャパン フラッシュメモリープレーヤー特集



写真をクリックすると、アマゾン・ジャパンの販売ページに移動します


フラッシュメモリープレーヤーって?

フラッシュメモリープレーヤーとは、
フラッシュメモリー(記憶装置)を使って、音楽を楽しむプレーヤーです。

従来のCDやMD、そしてDVDのように、記録媒体から音楽データーを供給せず、プレーヤー内のフラッシュメモリー(記憶装置)に、あらかじめ音楽データーを記憶させることで、音楽を再生します。
したがって、とても軽く、移動中や通勤中の電車の中でも、気軽に音楽を楽しめるという特徴があります。
またUSBインターフェースを使って、音楽データーを移しかえますので、パソコンのUSBメモリ(外部記憶装置・のちほどご説明いたします)としても、使用できるという特徴があります。

値段の違いは?

お値段の違いは、付加機能やデザインもありますが、内蔵しているフラッシュメモリーのメモリー容量の違いがほとんどです。
通常、フラッシュメモリーの記憶容量が大きければ大きいほど、録音できる曲数が増えますが、そのぶん、お値段も高くなる傾向があります。

どうやって音楽を録音するの?

フラッシュメモリープレーヤー単体では、音楽を録音することはできません。
お手持ちのパソコンのUSBインターフェースに、プレーヤーを接続し、専用ソフトを使って、あらかじめパソコンに録音しておいた音楽データーファイルを移し変えることによって、音楽をお楽しみいただけます。
パソコンに不慣れな世代の方は、最初はちょっととまどいがちですが、録音機能のついたオーディオ機器で音楽をCDやMDに録音し、再生専用プレーヤーで再生していた頃のスタイルをイメージしていただくと、ご理解いただきやすいかと思います。


なお、音楽データーをプレーヤーに移すには、専用ソフト以外にも、ウインドウズなどの基本ソフトでも行うことができます。

パソコンの外部記憶装置としても


ほとんどのパソコンに標準装備されているUSBインターフェースを使って接続しますので、パソコンの外部記憶装置としても使用することができます。
仕事先で、重要なパソコンのファイルがメールで送れなくなった時に、フラッシュメモリープレーヤーにコピーして持ち帰ったりしたり、使い方はまさにいろいろ。
音楽を楽しむだけでなく、ビジネスシーンやホビーでも使い勝手のよいツールになります。
この機会にぜひ、ご購入をご検討ください。
 




















































Copyright2006 artist lin Japan All righits reserved